高校中退経験サラリーマンが贈るキャリアと子育てのヒント

Make your better life!! 〜 少しでも生きづらい人が生きやすい世の中に。1人でも多くの人に生きるヒントを。〜

【20代若手ママパパへ】iDeCoやってますか?子供のためにも長期投資しませんか?

f:id:investordad:20210103174646j:plain

今日もお仕事から子育てお疲れ様です。

 

おそらく、この記事を見ていらっしゃる方は、

パパママが多いかと思いますが、若手社会人や、もうすぐ出産予定のプレママもいるかと思います。

今日はそんな皆様に、ぜひどうですか?というiDeCoのお話です。

 

”投資”って聞くと、怖いですよね。

私も過去不動産投資で痛い目にあっていますし、友人なんかだとFXとかで失敗したり。

でもその分、リターンが大きかったりするのもまた投資の醍醐味。

うまくいこともあれば、失敗することもありますよね。

 

でも、今日お話しするiDeCoは不動産やFXのようなリスク性の高い投資ではなく、

コツコツと、そして皆さんのペースでできる、最強の投資商品だと思います。

 

そもそもiDeCoって何?という方もいらっしゃるかと思いますので簡単に説明を。

 

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度で、加入は任意です。

iDeCoはご自分で申し込み、掛金を拠出し、ご自分で運用方法を選んで掛金を運用します。 掛金とその運用益との合計額を給付として受け取ることができます。

iDeCoでは、掛金、運用益、そして給付を受け取るときに、税制上の優遇措置が講じられています。

○ 日本は世界でも有数の長寿国と言われます。現在65歳の方の平均余命は、男性が19.70年、女性が24.50年となっており(「平成30年簡易生命表厚生労働省)、65歳以降の生活が20年以上続く方がたくさんいらっしゃいます。

○ 「人生100年時代」が到来し、長期化する老後にそなえ、まず、ご自身の公的年金の状況を確認し、さらに、退職金や企業年金も含めて老後の資金を考えてはいかがでしょうか。

○ そして、税制上のメリットを受けながら、より豊かな老後生活を送るための資産形成方法として、もうひとつの年金「iDeCo」への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

出典; www.ideco-koushiki.jp

 

とのことです。

公式ページが全くもっていけていないと思うのは私だけでしょうか。

 

 

上記を図にすると、下記の通りになります。

掛け金は所得控除となるので、税金が安くなりますし、

運用益もなんと非課税となっているので、加入せずに運用する場合と比較して、大きなメリットがありますよね!

 

f:id:investordad:20210103175845p:plain

出典: iDeCo公式ページより

 

実は、私は新卒のタイミングからiDeCoに加入していたのですが、

その後、個別株とかにも手を出したんですよね。

でも結局、仕事のスキルアップの時間は取りにくくなりますし、自己研鑽の時間と家族の時間が減ってしまうということで、結局積立投資に絞りました。

 

iDeCoのいいところは、自分で運用商品を選びますが、選んだ後は基本的には放置です。

 

勝手にファンド運用会社が運用してくれます。

 

もちろん、元本が下がるリスクはいつの時代もあります。

でも、我々若者の強みは、時間です。

 

60歳までに今30歳の人でも30年間あるんです。

この30年がものすごく大きなメリットになります。

 

例えば、私の例で見てみましょう。

このように、積立における節税額でも100万円を超えてきます。 ※年収が上がればもっと節税になります。

 

f:id:investordad:20210103181027p:plain

シミュレーション | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

 

そして、どれくらいの資産になるのか。

もし、年間5%の利回りとなった場合、

元金475万円に対して、1,200万近くにまで

運用益含めてなります。

たった月12,000円の掛け金で!です。

※繰り返しですが、リスクもありますので理解した上でご加入ください。

もちろん、定期預金のような元金保証商品もあります!

 

f:id:investordad:20210103181252p:plain

シミュレーション | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

ってことは、

もし掛け金を23,000円とかに設定したら、とんでもない額になりそうですね。

少しやってみましょう。

 

f:id:investordad:20210103181825p:plain

シミュレーション | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

節税額で270万、資産額は2,300万以上になります。

 

伸び代ですね〜!!

このように夢が詰まった商品がiDeConなんです。

 

もちろん、月10,000円-23,000円の積立であれば、まだ何とかなる!っていう家庭も多いかと思いますし、その分お子さんの教育費にお金を使うこともできますよね。

そして、老後もある程度の資産があれば、子供に迷惑を掛けずに済みます。

 

だからこそ、どうやって家庭と投資のバランスを取るかはぜひ皆さん一緒に考えていきたいですね。

 

掛け金の上限についてはこちらをご覧ください♪
investordad.work

 

ちなみにですが、私の今の運用状況をページ下部に晒しておきます。

銘柄含めて、皆さんのご参考になれば幸いです!

 

明日も前に向かって進んでいきましょう!

 

iDeCoを始める前におすすめの書籍】

なぜインデックス投資なのか?

そもそもインデックス投資ってなんなのか?

が学べます♩

 

iDeCo資産状況】

掛金 720,000円

資産残高 886,000円

損益率23.1%

f:id:investordad:20210103182459p:plain